ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します

ここから本文です

recruit

戸井 和弘

戸井 和弘(2005/08/17入社)
経理財務部

松岡を選んだ理由は?

就職活動当時は帰郷を希望していたわけではなく、東京・大阪といった都市部中心で仕事を探しておりました。
「山口県=地方・田舎」という印象が強く、ただ漠然と東京・大阪の都市部で働くほうがかっこいい!大きな仕事ができる!という偏った考え方を持っておりました。
その偏見を見事に打ち砕いてくれたのが株式会社松岡だったように思います。地方にありながら、全国どころか、世界を相手に挑む松岡の姿を自分の将来像と重ねて、
自分もその中に飛び込みチャレンジしたい、ともに成長したい、という想いで入社いたしました。

現在の仕事(役割)とその面白さは?

仕事内容は出納業務(預金管理・資金繰り)、決算業務(月次決算・年次決算)等の経理業務、また銀行折衝(資金調達)等の財務業務、 またそれらに付随する業務として、税務申告補助、会社法監査対応、分析資料作成等です。
ここまでの業務どこの会社の経理でも一般的にやっていることかもしれませんが、当社の特色の一つである貿易業務に付随して、外国為替業務に係る知識を 養うことができるというのは、なかなかできない経験であり、やりがいに思います。

自分の部署の特徴は?

経理は電卓を叩いて、入力作業を黙々としている機械的なイメージがあるかもしれませんが、そのは決して正しいイメージとは言えません。
経理の仕事は、自己完結する仕事は何一つなく、まわりと係り合って作り上げていく仕事ばかりです。部内においては当然に、社内においても"頼れる経理"を目指して、 日々、明るく、時には厳しく、コミュニケーションを取りながらみんなで業務に打ち込んでいます。

仕事において意識している事は?

仕事柄、正確性は当然のことながら、スピード感をもって仕事をこなすよう意識しております。
経理は将来的なものより、どちらかというと比較的過去の営業活動を数字化する仕事が多いと思います。
ただでさえ古い情報ですから、それを将来的のために活かしてもらうためにも、なるべく鮮度ある情報提供を心がけています。

あなたが思う松岡はどんな会社?

創業60年以上の歴史があるものの、だからといって型にはまっていないユニークな会社であるともに、現状に満足することなく、どこまでも更なる上を追及する、 チャレンジ精神旺盛な会社だと思います。将来10年、いや5年先でさえどんな発展を遂げているのか、想像つきません。

今後の目標(将来のビジョン)は?

株式会社松岡はこれから時代の変化とともに、会社自身も変化していくものと思います。どっちの方向へ歩むのか、何を強化するのか、継続か、撤退か、 経営の意思決定において、経理の造る数字は判断材料として欠かせません。今後益々の経理の専門的知識の向上に努め、経営資料の作成を通じて、 会社が迎える次の展開の一助を担えたらと思います。

未来の仲間へメッセージ

このような会社になってほしい、そのためにもっとこのようにしてはどうか、あるいはここは全くダメだ、などなど会社に助言、ダメだしをたくさんしてほしい。
まだまだ発展途上の松岡はその言葉で新しく生まれ変わります。そして次なるステージへと駆け上がります。